資産価値アップのポイント3【ニーズに合う規模・仕様】

HOME
会社案内
貸せる家を創る 【ディスカバリー】
HOME 貸せる家づくりのノウハウ 土地活用の有効策 資産としての別荘づくり Q&A
資産としての別荘づくり
資産価値アップのポイント1
【アクセスの良さ】
資産価値アップのポイント2
【冬季の居住性】
資産価値アップのポイント3
【ニーズに合う規模・仕様】
資産活用・投資に向けて
資産活用に向けて
【遊休物件の活用】
軽井沢企画実例

湯川プロジェクト
new

扇平ハウス

ザ・キャビンハウス
メイプル・ポイント
矢ケ崎プロジェクト
Yゲストハウス
扇平バケーションハウス
ペアハウス
軽井沢デュープレックス

資産価値アップのポイント3【ニーズに合う規模・仕様】

HOME 資産としての別荘づくり 資産価値アップのポイント3【ニーズに合う規模・仕様】

過剰な豪華さは無用。求められるのはハンディな規模、簡潔・上品な仕様。

別荘を建てるとなると、ステイタスシンボルというイメージも手伝って、憧れを形にと意気込んでしまいがち。
リビングは広く、ダイナミックな吹き抜け空間に大きな窓。お客様を招くから寝室も多く・・・というように。ですが、豪華さやオリジナリティを出そうとすればするほど趣味性が高くなり、建てた本人が満足でも客観的な評価は得づらくなるもの。個性は家具調度で演出できるのですから、家そのものはシンプルで上品な仕様が一番です。また、規模が大きくなれば掃除も大変。家の手入れなど、維持の負担はばかになりません。
アクセスの良くなった軽井沢の別荘ライフは、ウィークエンドハウスといった感覚で通年活用するというあり方になってきています。そんなライフスタイルには、別荘は手軽な規模でありたいもの。週末の限られた時間を過ごすのに家の開け閉めや掃除が大変では、通うのが億劫になってしまいます。

別荘というのは、何と言っても贅沢品。万一経済的に厳しい状況に陥れば真っ先に手放すことを考えなければならなくなります。ですから自己使用目的で建てるにあたっても、価値ある資産とするため、商品価値への関心が欠かせません。そういった観点から言って、仕様も規模も、無用な豪華さは不利となりがち。多額の建築費を投じても、付加価値がつくどころか賃貸・売却を難しくしてしまうことがほとんどです。中古物件の流通が多い軽井沢ですが、いわゆる「バブリー」でバランスの悪い物件は、取り壊し前提の価格でなければなかなか買い手がつきません。

愛着とは切っても切れないものだからこそ、万が一家族が使用しなくなっても壊されずに住み継がれ、長く大切に利用されることを願いたいもの。賃貸住宅企画のエキスパート、ディスカバリー・ホームズは、高い資産価値を保ち、時代を勝ち抜く家づくりを土地探しからお手伝いします。
 
ページのトップへ

- 株式会社 ディスカバリー・ホームズ -
〒105-0011 東京都港区芝公園3丁目1番14号
【宅地建物取引業免許】東京都知事(4)第78446号  【一級建築士事務所登録】東京都知事登録第42712号
TEL 03 (3433) 6431  FAX 03 (3433) 6410 E-mail:info@discovery-homes.co.jp

- HOME - 会社案内 - 求人情報 - 個人情報の扱いについて - お問い合わせ - サイトマップ -